40代を悩ます肌のシミ!予防には完璧な紫外線対策を

40代になると、紫外線対策をじゅうぶんに行うことが大切です。若いころからUVケアはしてきたという人も、ここで1度自分の肌を見直してみてください。紫外線が降り注ぐには海や山などのリゾート地だけではありません。長年受けてきた生活紫外線の影響は、40代になるころから確実に肌にみられるはずです。
向日葵畑と日傘

30代までの紫外線の影響でまずあらわれるのは、さまざまなシミです。これらは老人性色素班とよばれます。

40代の老人性色素班は、大きくわけて2つあります。ひとつは炎症性色素沈着とよばれるシミで、若いころのニキビ跡が紫外線を受けてシミになるものです。もうひとつは肝班とよばれるシミです。輪郭がはっきりしない薄茶色のシミで、これは頬骨のあたりによくみられます。

シミを防ぐには、なによりも紫外線対策が重要です。若いころよりもいっそう気をつけて、肌に受ける紫外線をシャットアウトする必要があります。

外出するときに顔や腕などにUVカットクリームを塗ることをけっして忘れてはいけません。さらに日傘やつばの広い帽子で、日差しを肌に直接受けないようにしましょう

自宅で家事をしているときも、紫外線対策を忘れてはいけません。UVカット指数の低いクリームを家のなかでも使うといいでしょう。日差しを遮る厚手のカーテンをつけることも、生活紫外線を防ぐうえではとても役に立ちます。

40代になると、たとえ短時間でも肌を陽光にさらすことはお勧めできません。洗濯物を干すために、数分間外へ出るときなども注意が必要です。長袖の上着をはおったり、帽子をかぶったりして紫外線を防ぎながら、屋外での家事はすばやく済ませましょう。

紫外線対策はシミの予防だけでなく、すでにできてしまったシミの改善にも役立ちます。紫外線を十分に防ぐ生活を続けることで、シミを薄くすることも可能です。

シミ排出作用のあるビタミンC配合の基礎化粧品を使う、ビタミンCを食事からも積極的に摂るなどの工夫をしてみましょう。40代の初期のシミであれば、これらの努力で少しずつ薄くなっていくことが多いのです。

頑固なシミ、できてから何年もたってしまったシミには、アルブチンなどが配合されたシミ対策専用化粧品を使って集中ケアをしてみてください。

徹底した紫外線対策にこうした化粧品をプラスすれば、40代でもシミのない肌を保つことはできます。