40代になったらクレンジング剤は低刺激のものを選ぼう

中年期の入り口にさしかかったら、洗顔料を見直す必要があります。30代までと同じクレンジング剤を使うことはやめましょう。間違ったクレンジングは肌荒れだけでなく、お肌の老化を促進させてしまうことがあります。
27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s

見た目の年齢を決めるのは、肌の質感です。しっとりとしてキメの細かな肌、透明感のある肌は、若々しさを感じさせます。こうした印象を作るために大切なのが毎日の洗顔です。

40代にふさわしい洗顔料の第1条件は、低刺激であることです。第2条件は油分を落としすぎないものであることです。この2つの条件を満たしている製品に変えるだけで、顔の肌の老化を大きく遅らせることができます。

理想的な低刺激のクレンジング剤とは無添加のものです。とはいえ完全無添加の製品を見つけるのはむずかしいかもしれません。無添加製品は値の高いものが多いため、たとえ見つけても経済的な問題がでてくることもあります。

無添加製品が手にはいらないときは、いくつかの添加物を避けるといいでしょう。ダメージの大きな成分をカットするだけで、肌に刺激の少ない洗顔をすることはできます。

洗顔料を手にとって、成分表示をよく読んでみましょう。なにより避けてほしいのは、乳化剤や合成表面活性剤です。これらが含まれているクレンジング剤は刺激が強く、年齢肌にはダメージとなります。またできれば、保存料の1つであるパラベン入りの製品も避けるといいでしょう。

油分を落としすぎる製品が40代にむかない理由は、肌バリアが壊れてしまうからです。若いころは皮脂の分泌がさかんです。とくに10代、20代であれば、強いクレンジング剤で肌の油分を少々とったとしても問題はありません。しかし汗腺のおとろえる40代となると、洗顔でうばわれた皮脂をとり戻すこともかんたんではなくなります。

肌から分泌される皮脂には、紫外線や汚れから表皮をカバーする働きがあります。強力なクレンジング剤を使うと、汚れやメイクといっしょに、皮脂まですっかり落ちてしまいます。40代になったら、年齢肌にあったデリケート洗浄のできる製品を選ぶといいでしょう。

無添加であること、肌の油分をとりすぎないものであることは、肌バリアを守って美肌を維持するために欠かせない条件です。クレンジング剤を見直して、シワやシミ、くすみのない健康的な肌を保ちましょう。