たるみをなくして老け感にサヨウナラ!40代に必要な美容成分とは

老けているなと感じさせる1番大きな原因はお肌のたるみです。お肌のハリの減少はじつは30代から始まっています。それが40代になると、口の横のほうれい線やミッドチークラインとなってあらわれます。人の顔をぱっと見たときにこういうたるみがあると、ああこの人はだいたい40代だなとふつうは判断されます。

たるみを改善させれば、たとえ40代であっても、ずっと若くみられるものです。日々のスキンケアを見直し、たるみ対策を重視するようにしましょう。
ローションを手にとる

お肌がたるんでくるのは、真皮層にふくまれるコラーゲンが減少するからです。スキンケアで毎日コラーゲンを補ってあげれば、お肌のたるみの進行にブレーキをかけることができます。

コラーゲンは分子量が大きいので、お肌に直接塗ってもそれは真皮にまではなかなか届きません。コラーゲンそのものではなく、お肌のコラーゲン作成を促す成分の配合された化粧品を探すことが大切です。

コラーゲンの合成を促す作用のある代表的な成分は、ビタミンC誘導体とレチノールです。

コラーゲンは、皮膚のなかの繊維芽細胞のなかで作られます。この細胞が正常にはたらくためには、ビタミンC誘導体とレチノールが必要です。繊維芽細胞のはたらきが衰えてくる40代の人にとって、この2つの成分はたるみ改善には欠かせないものです。

いま使っているローションや美容液の成分を見直してみましょう。ビタミンC誘導体とレチノールは含まれていますか。

もし含まれていないなら、なるべく早めにこれらの成分配合の製品に変えましょう。たるみをほうっておくとみるみるひどくなり、改善に時間がかかります。1度衰えきってしまった繊維芽細胞を活性化させるのは簡単ではないからです。たるみを放置しているうちにシワができてしまうこともあります。シワを消すのは、たるみ以上にたいへんです。

老け肌改善のためには、年齢にふさわしいスキンケアを1日でも早くはじめることが必要です。適切なスキンケアを早めに始めた人は、そうでない人と比べるとはるかに若々しい肌の状態を長く保つことができます。たるみ対策を意識した早めのスキンケアで、老け顔になるのを少しでも遅らせましょう。