40代でもぐんと若くみえる秘訣は小顔

若いころに比べて、顔の幅が大きくなってくるのが40代の人の特徴です。だれかをみたとき、顔の輪郭がたるんでいると、その人は老けているなとだれでも感じます。年齢を感じさせない若々しい外見をとりもどすには、顔のひきしめに効果のあるケアが不可欠です。
老け顔の女性

顔の横幅が広がるのは、加齢とともに顔の筋肉がおとろえるからです。表情筋が老化でゆるみと、そのうえにある皮膚がたれてしまいます。若いころは面長や卵型のすっきりした輪郭だったのに、40代が近づくころから顔が四角っぽくなってしまう人はめずらしくありません。

40代の小顔つくりに効果的なのは、ひきしめ作用のある化粧品とフェイスマッサージです。

たるみのないフェイスラインをつくるには、肌うるおいと弾力を与える、保湿成分に富んだ化粧水や美容液が必要です。肌の真皮層の細胞に十分な水分があれば、肌はたるまずに、ぷるんとした弾力をもちつづけます。

たるみ防止には、セラミドやヒアルロン酸などを潤沢に配合している基礎化粧品がお勧めです。若いころに使っていた化粧品はすぐにやめ、年齢にあった保湿重視の化粧品を毎日のスキンケアに早く取り入れましょう。

肌の老化の進む40代になると、化粧品の作用だけでは小顔をつくることはできません。家庭用のマッサージローラーを使って、筋肉とリンパ腺を刺激する美容法をとりいれましょう。

バスタイムやお風呂あがりなど、肌が潤って体温の高いときに、専用ローラーを使って顔やデコルテをソフトに刺激してみてください。滞っていたリンパ液が流れ、むくみのとれたすっきりした小顔に近づきます。

たまにはスペシャルケアとしてエステで美顔マッサージをうけてもいいでしょう。熟練のエステシャンによるタッピングには、顔の皮膚を引き上げ、すっきりしたフェイスラインを作る効果があります。

ただし小顔を維持するには、毎日の地道なケアが必要になります。数ヶ月に1度のエステだけでは、すっきりしたフェイスラインを保つことはとてもできません。

若々しい小顔をつくるためになにより必要なのは、保湿対策とマッサージを自宅で根気よく日々続けることだと覚えておきましょう。